実家の庭のテラスに咲いていたムスカリ。つぼみがあったことも知らずに、急に花が咲いた。「ムスカリ咲いたよ」と母に言われて気が付いた。

130324-1

最近、何度も実家の庭散策をしているのに、つぼみがふくらんでいたことすら全く気付かなかった。ブルーからパープルにかけてのグラデーションがたまらなくかわいい花。この花を見ていたら、広場の子どもたちの小さなぶつかり合いを急に思い出した。

何でだろう?

「おもちゃかして!」
「いやよ!」
ふぇ~ん・・・・涙

こんな光景は、日常茶飯事。約20年前の私は、こうしたわが子の向き合う、折り合いをつける貴重な自己解決の練習の場を、平気な顔して取り上げていたかもしれない。ばあちゃんになり、さぁ・・・どうするかな?としばらく見ている余裕ができた。笑

親が割って入らなくても、子どもたちは案外上手に折り合いをつけることもある。実は、ややこしくして、切り替えられないのは親の方だったりして・・・今の私は、つい笑ってしまうこともある。

でも・・・当時は、全くダメでしたよ(^_^;)
だいたい、向き合うことは、今以上に恐怖でしたから・・・。子育てって、わが子を通して、自分の中の恐怖体験を思い出していることがたくさんあります・・・(^_^;)

わが子は、痛みの場所を知っているのかもしれない。「ママ、そこそこ癒してあげて・・・」な~んて、言われているよう。

そんなことが、何度もあったなぁ・・・。

向き合う事、折り合いをつける事・・・
さぁ・・・子どもも、ママも練習!練習!

わたし自身もね(*^_^*)